第14回 ・・・ 漂着物が語り掛ける ♪

とうとう最終回になってしまいました。 さびしいものです  でも、『・・・入門』編が終ったら、次は実践編なんですよね。 皆さんにも、もっともっと海に親しんでいただいて、 わたしも、よりディープな世界をこれからも紹介して行けたら幸せです  今回は、鎌倉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回 ・・・ 自然との接し方伝授 ♪

わたしは素人です。 ろくに貝の名前も知らないし、いつも少ない友人たちから教わるばかりです。 ですから、図鑑や博物館にはお世話になるばかり ・・・ (><); この連載にしても、毎回毎回誰かのお世話になっています。 感謝しなければなりません。 ありがとうございます。 皆さまに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第12回 ・・・ 自然の造形美楽しむ ♪

わたしはこういった工作をあまりしませんので、 今回は、何人もの方に助けられました。 まず、伊豆稲取の八代繁広さん。 八代さんの流木アートはほんとうに素晴らしいんです。 ・・・ なかなか伊豆稲取まで足を伸ばせないのが残念でなりません。 そして、鎌倉由比ヶ浜通りの『Shell’s』さん。 何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回 ・・・ 漂流物から感じ取る ♪

実際、メッセージボトルなんて滅多に流れ着きません。 それはなぜかと言うと、今どきそんなものを流す人がいないからではないでしょうか? ツイッター、FACEBOOKとパソコンやスマホを使えば(仮想かもしれないけど)友人はいくらでも増えてゆく時代です。 メッセージボトルへの返信も、きっとメールで来るんでしょうから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回 ・・・ 武士の潔(いさぎよ)さ垣間見る ♪

第2回でも鎌倉の青磁片のお話しを少し書きましたが、 陶片の楽しみは切りがなく、とても語りきれません。 統制陶器って、ビーチコーミングを始めるまで知りませんでしたが、 ぽつりぽつりと拾うたびに楽しくて仕方ないんです。 書かれた文字の謎解きも、いろいろチャレンジしました。 ひょうちゃんも大事に保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回 ・・・ 悠久のロマンを手に ♪

へそ石のことも、どうしても多くの皆さんに知って欲しくて紹介させていただきました。 へそ石のことは服部先生から多くを教えていただきました。 今回の記事を書くに当たって、長者が崎をゆっくりとチェックしましたが、ちゃんとしたへそ石は、 実は、見つけられませんでした。 でも、へそ石になりそこねた石塊はあったんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回 ・・・ 溺死のケースが大半 ♪

この回は特別でした。 生き物のことは非常に難しく、最初に書いた原稿案を石井雅之さんに見てもらったら、 わたしの認識間違いが次々と判明 (>_<); 石井さんも呆れたことでしょう。すみませんでした。 でも、しっかりフォローいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。 で最後に、池田館長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回 ・・・ 貝のような甲羅持つ ♪

このアオイガイは、九州の昭ちゃんから何年か前にいただいたものです。 最近、直接連絡を取っていませんが、きっとお元気ですよね♪ (わたしは、なんと!九州の昭ちゃんの自宅まで訪ねたことがあります。) タコブネは、むかし皆んなで三戸浜へ初めて行った時にわたしが拾ったもの。 ビギナーズラックでした (^_^;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回 ・・・ 観察に便利な双眼鏡 ♪

鎌倉や葉山・佐島で見るシギの仲間や、 城ヶ島や三戸浜で会えるイソヒヨドリは、ほんとうにカワイイんですよ わたしはコンパクトカメラしか持っていませんので、そんなにスゴイ写真を撮ることは出来ません。 頑張って何枚も撮っていると、中にはちょっと良い写真も撮れます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回 ・・・ 身近に『生きた化石』 ♪

豊かな相模湾のことを書くことが出来てうれしかったです  豊かなってことは、別に頑張った結果ではありません。 恵まれているということです。 恵まれたものなら、大事にしなければならないという義務があります。 鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市・・・ 藤沢市・茅ヶ崎市・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回 ・・・ 興味深い名前ばかり ♪

貝のこととなると、どうしても貝に詳しい方に頼らざるを得ません。 今回登場する葉山町立葉山しおさい博物館の池田館長には、いろいろと教えていただいていて、 感謝の気持ちでいっぱいです また、真鶴町立遠藤貝類博物館は、まだ新しい博物館ですが大好きで、 もう何度も真鶴半島の先端を訪ねまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回 ・・・ 化学反応して虹色に ♪

小さなガラス瓶は、坂ノ下海岸や材木座海岸でよく拾いますが、 実は、なかなか良いものは拾えません。 この写真のふたつのガラス瓶を同時に拾ったのは、 今にして思えば、奇跡だったようにも思えます。 コバルトブルーの小瓶は、骨董市などで3,000円前後で売られてもいますが、 やはり、そういうものは買えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回 ・・・ 浜辺に多様な漂着物 ♪

自分の写真を掲載するのは、恥ずかしかったし、 なにより適当な写真がなかったので、 あわてて静かなお寺(手広の青蓮寺・・しょうれんじ)で、娘に撮ってもらいました ちなみに、使った写真も、娘が学生だったころゼミの子たちと材木座ビーチコーミングへ行ったときのものです。 立っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more